TITANBOOKチタンブック結婚指輪 » 体内から取り出したチタンプレートを組み込んだ思い入れの結婚指輪
Skip to main content.

Tuesday, February 05, 2008

いろいろなリクエストに応じて制作することがあります。
記念の金属を使った結婚指輪の1例です。

たとえばこんなご要望にもお応えします。
骨折すると、手術で体内にチタンプレートが埋め込まれます。骨がくっつくまでの補助ボルトのような場合もあり、再び手術によって取り出されます。その思い出のチタンプレートパーツを海外から持ち帰って新郎の結婚指輪の一部に使用したい。
思い出深い出来事と、身体の中から取り出されたチタンを結婚指輪というかたちで残そうという試みです。パーツなどによっては、医療廃棄物であるとして、本人には引き取れないケースもありますが。
大切なプレートは、一部を使用し、残りのパーツはお返しします。
手術の際、骨のカーブに沿ってドクターがペンチを使って曲げたあとなどが、チタンプレートに残っている場合もあります。外国の刻印が入っていたりもします。
その部位を使用し、あえて傷を残した仕様にもできます

思い出のチタンパーツが太いボルトなどの場合は、穴をあけたりするのも大変です。なかなか加工できないパーツもありますのでご了承ください。1mm厚チタンプレートの場合はできる加工も、肉厚の数ミリあるものはペンダントなどにしたほうがよろしいかもしれません。
また、その体内から取り出したチタンを一度溶解して、リメイクするということは残念ながらできません。チタンの溶解炉は特殊な高温とガス中でならなければなりませんので、気のとおくなるコストになるかもしれません。


チタンとシルバーring
【プレート】チタンとシルバー

2人らしいオリジナルマーク。
結婚にあたっての記念の特殊な刻印を新規にオーダーし、二人だけの結婚指輪をあつらえることも可。
 Men's Lady's別色指定可
リング幅は自由に指定できます(別途お見積もり)。

お問い合わせ

prodotto oiginal